夏は甘酒でダイエット!飲む点滴は効果もスゴイ?

amazake2

お正月やお祭りなど、おめでたい時によく飲まれる「甘酒」。ぜひ、ダイエットのために飲んでませんか?

なぜなら、甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」と呼ばれるほど美容や健康に良いといわれているから。

ダイエットの方法も簡単なんですよ!

ダイエットに良い甘酒の種類や、自宅での甘酒の作り方なども紹介していきますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

なぜ甘酒がダイエットに?その効果は?

甘酒01

「飲む点滴」「飲む美容液」と呼ばれる甘酒の具体的な効果について見ていきましょう!

体脂肪の増加を防ぐ!

甘酒にダイエット効果があるといわれる理由は、含まれる「ビタミンB2」に隠されています。

ビタミンB2は、身体の脂質の代謝を助けるビタミン。

甘酒を飲んでビタミンB2を摂ると、食事をしても体脂肪の増加を防げるのでダイエットに効果的なんです。

美肌をサポート

甘酒には「こうじ酸」が含まれているため、女性にうれしい美肌効果があります。

こうじ酸はメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすの発生を防いで、老化の原因の1つといわれる「糖化」を防ぐともいわれています。

また、甘酒は保湿効果のあるアミノ酸も含んでいるので、乾燥肌の予防効果もあるんですよ。

腸内環境を整える

あなたが便秘に悩まされているなら甘酒がオススメです!

なぜなら、甘酒には腸内の善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」や「食物繊維」が含まれているから。

甘酒を飲めば腸内環境が整って、便秘などのお腹のトラブルを改善してくれるんですよ。

夏バテを予防する

甘酒は、かつては夏に飲む飲み物とされていて、俳句で夏の季語にもなっています。

その理由は、夏バテ予防に効果があるからなんです。

豊富なアミノ酸やビタミンなど350種類を超える栄養素を含んでいるので、夏に弱った身体の栄養補給にうってつけなんですよ。

疲労回復が早いので、元気いっぱいにダイエットできますね !

ダイエットに良い甘酒の種類

お米

甘酒には、いくつか種類があります。なかでも、ダイエットにオススメの甘酒の種類をご紹介しましょう。

麹甘酒

甘酒は一般的に、米麹から作られる「麹甘酒」と、酒粕から作られる「酒粕甘酒」があります。

このうち、ダイエットに適しているのが麹甘酒です。

麹甘酒は、砂糖不使用でノンアルコールで、お子さんや妊婦さんで安心して飲めるヘルシーな甘味料なんですよ。

スーパーなど売られている森永製菓の甘酒は、麹と酒粕がブレンドされています。

玄米甘酒

そして、最近じわじわと注目を集めているのが「玄米甘酒」。

玄米と米麹をブレンドしてできた甘酒で、通常の甘酒よりもアミノ酸が多く含まれているんです。

そして、金沢大学での玄米甘酒の美肌効果を調べた結果、肌のきめ細かさや明るさがより増すことが分かったそうなんです。

甘酒の糖質やカロリーは大丈夫?

砂糖

甘酒がダイエットや美容に良くても、含まれる糖質やカロリーが気になる方もいるでしょう。

甘酒に含まれる糖質の量は100mlあたり18g。ご飯の半分ぐらいですが、決して少なくなくデメリットといえるかもしれません。

でも、甘酒には糖質の代謝を助ける「ビタミンB1」が含まれているので、過敏になる必要はないかと思います。

甘酒のカロリーは100mlあたり81kcal。牛乳よりも高く、飲み物の全体で見ても高い部類です。

なので、飲み方には気をつける必要があるんですよ。

スポンサーリンク

自宅でできる甘酒の作り方

炊飯器

甘酒ダイエットにオススメの麹甘酒は、自宅て自分で作ることができます。

自分で作ればより栄養が豊富になり、高いダイエット効果が期待できるので、ぜひ作ってみてください。

用意するもの
  • 生麹:300g
  • 水:300~600g
    ※お好みで水を調整しましょう
  • フリーザーバッグ
  • 炊飯器
  • 布巾またはタオル2枚
甘酒の作り方手順
  1. フリーザーバッグに生麹と水を入れて混ぜます
  2. 炊飯器の底に布巾を敷きます
  3. フリーザーバッグを炊飯器の中に入れます
  4. 蓋を開けたまま、釜全体を布巾で覆います
  5. 保温状態にして5~10時間放置します
手作りの甘酒の保存期間は、冷蔵で約1週間。冷凍で約2か月です。

いつ飲む?甘酒でダイエットする方法

飲む02

では、実際に甘酒でどのようにダイエットしていったらいいのか、その方法をご紹介しましょう。

置き換えをする

置き換えをする場合は、1日3回の食事のうち1食をコップ1杯(200cc)の甘酒に置き換えましょう。

置き換えるタイミングは、朝・昼・夕のどのタイミングでもOK。

最初は朝食か昼食を置き換えると、無理なく始められると思いますよ。

朝に甘酒を飲むと、脳が活性化されて頭がスッキリしますよ。

食前に飲む

食前に甘酒を飲むと、ビタミンB2のおかげで、その後に食事をしても太りにくくなります。

おちょこ1杯(30cc)の甘酒を、食事をする20分前にゆっくりちびちびと飲みましょう。

飲む量はしっかり守ってくださいね。飲み過ぎは、かえって太りやすくなりますからね。

甘酒が苦手な方のためのレシピ

レシピ

「甘酒が飲みたくても苦手で…」。という方に、おすすめのレシピがあります。甘酒のクセが少なくなるんですよ。

甘酒+ヨーグルト

甘酒は乳製品との相性がいいんです。

そのなかでもヨーグルトとの相性は抜群!ヨーグルトにもビタミンB2が豊富に含まれているので、ダイエットから腸内環境改善まで活躍してくれます。

甘酒とヨーグルトを、お好みで混ぜてそのまま食べるだけなので、とても簡単に作れますよ。

牛乳や豆乳に混ぜるのもオススメです!

甘酒+醤油

醤油に甘酒を混ぜると、だし醤油のような味に変化します。冷奴や焼き魚などにかけてもOKで、まさに万能調味料といえるんですよ。

作り方は、甘酒と醤油を1対1で混ぜるだけ。とても簡単ですよね。

甘酒+味噌

甘酒は、味噌との相性もバッチリ!1対1で混ぜることで、味噌にコクが加わります。

味噌汁や田楽などに使うと、より美味しくいただけるようになりますよ。

痩せた?甘酒ダイエットの口コミ

すでに、甘酒でダイエットを始めた方たちが、口コミをSNSで紹介してくれています。

甘酒ダイエットを始めたくなる内容ですので、ぜひご覧らください。

スポンサーリンク

あなたの好みで始めよう!

ご紹介してきたように、甘酒には種類があって自分でも作れるし、ダイエット法も複数ありましたね。

あなたが甘酒ダイエットを始めようと思っているなら、あなたの好みにあったやり方で始めて欲しいなと思います。もう直感です!

そうしたほうが心地よく、あなたも楽しく甘酒ダイエットを続けられると思いますよ。

想像してみてください。楽しくダイエットできたら素敵ですよね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。