朝バナナダイエットで脂肪撃退!朝ごはんで食べる効果的なやり方

banana2

あなたがバナナが好きなら、「朝バナナダイエット」をしてみませんか?

じつは、バナナにはダイエットや健康に良い成分がいっぱい含まれているんです。

そして朝食べることで、よりダイエットや健康に役立てることができるんですよ。

朝バナナダイエットの効果の詳細ややり方、口コミなどもあわせて紹介していきますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね

こんな悩みを解消できる記事です
  • 健康的に脂肪を減らしたい
  • なかなか痩せない
  • 毎日無理なく続けたい
  • 肌が荒れる
  • 毎朝スッキリしたい

食べるとどうなる?朝バナナダイエットの効果

お腹痩せ01

ビタミンB群が脂肪の蓄積を防ぐ

バナナには、ビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群が豊富に含まれていて、糖質と脂質の代謝を良くするなどの働きがああります。

糖質と脂質の代謝が良くなれば、糖質と脂質がエネルギーに変わりやすくなり、身体にムダな脂肪がたまりにくくなるんです。

だから、バナナはダイエットに良いといわれているんですよ。

筋肉量アップで基礎代謝もアップ!*1

食品から摂ったタンパク質は、体内で再合成され、筋肉や皮膚などを発達させるために使われます。

バナナに含まれる「ビタミンB6」は、この再合成を助ける働きがあり、筋肉の発達を助けてくれるんです。

筋肉が発達すれば、体内の筋肉量が増えて基礎代謝も増えます。

すると、じっとしていても消費エネルギーが増えるため、痩せやすくなるんですよ。

*1:基礎代謝とは生命維持に必要な最低限のエネルギー量です。

腹持ちが良くなる

バナナには、食物繊維や難消化デンプンを含んでいるため、腹持ちが良い食べ物といわれています。

もちろん個人差はありますが、バナナ1本食べるだけでも、数時間持つ人もいるほど。

バナナダイエットでうまくバナナを食べれば、腹持ちが良くなって、食事量を抑えることができるんです。

お腹の調子を整える

バナナの「食物繊維」や「難消化デンプン」は、腸の働きを整える効果があります。そのため、便秘や下痢などの解消に効果があり、お腹の調子を整えてくれるんです。

むくみを解消できる

バナナは、よく見かける野菜や果物と比べても、「カリウム」が豊富に含まれています。

カリウムには、体内の塩分を身体の外へ排出させる働きがあるので、バナナダイエットには、塩分の過剰摂取が原因で起こるむくみを解消させる効果があるんです。

免疫力をアップできる

バナナは、抗酸化成分と呼ばれる「ポリフェノール」を含んでいて、カリウムと同じように他の野菜や果物よりも多く含まれています。

バナナダイエットでポリフェノールを摂ると、身体の免疫力がアップするので、健康的な毎日を送ることができるんです。

骨を丈夫にする

バナナに含まれるミネラルの一種の「マグネシウム」は、カルシウムと同じように骨を形成する役割があります。

また、体内のあらゆる代謝にも関係していて、食べたものを脂肪にしにくくする潤滑油的な働きもあるんですよ。

アンチエイジング効果もある

バナナダイエットの効果の元となっている「ビタミンB群」や「ポリフェノール」は、アンチエイジング効果にもつながるんです。

例えば、ビタミンB群は肌荒れやかさつきを抑えます。そして、ポリフェノールは体内の活性酸素を取り除いてくれます。*2

だからバナナダイエットは、老化を予防するアンチエイジング効果が期待できるんです。

*2:活性酸素とは、体内の細胞を酸化させる酸素のことをいいます。

バナナダイエットの効果は熟度で変わる?

バナナ

ここまでご紹介したバナナダイエットの効果は、じつは、バナナの熟度で効果に差が出てきます。

一般的な黄色のバナナや少し青みがかかったバナナ、そして斑点がある茶色いバナナなど、見た目で熟度を判断することができるんですよ。

熟度による効果の差
  • 青みがかったバナナ
    整腸作用効果が高い
  • 黄色のバナナ
    美容・アンチエイジング効果が高い
  • 斑点がある茶色バナナ
    免疫力アップの効果が高い

なので、あなたの好みのバナナを選んで、ダイエットをしてみませんか?

朝バナナダイエットの正しいやり方

食べる03

朝ごはんにバナナ1~2本食べる

朝バナナダイエットのやり方は簡単!朝ごはんにバナナを1~2本を食べるだけです。

急がずゆっくり食べるとお腹が満たされやすく、白湯やコーヒーと一緒に飲めば、さらに高いダイエット効果が得られます。

量が少なく、栄養が足らない感じがするかもしれませんが、バナナは脂質が少ないものの、「糖質」「タンパク質」「食物繊維」が含まれている、栄養のバランスのとれているんです。

バナナ1本(100g)当たりのカロリーは86kcalです。

ヨーグルトと一緒でもOK

バナナと一緒にヨーグルトを食べるのもオススメです。

ヨーグルトは、ビタミンB2やタンパク質、善玉菌を含んでいるので、バナナと同じダイエットに良い食べ物なんです。

味もバナナとの相性は抜群!ぜひ一緒に食べてみましょう!

足りないなら生野菜を食べよう!

朝バナナダイエットの効果の中で「バナナは腹持ちが良い」と紹介しましたが、この効果には個人差があります。

ですので、もしあながが朝バナナダイエットして、お昼までお腹が持たないと感じるのなら、朝食に生野菜を追加で食べると良いでしょう。

とくに、「キャベツ」がオススメです。

ぶつ切りにして食べれば、咀嚼回数(噛む回数)が増えて、さらにカサもあるのでお腹が満たされやすくなります。

成功?失敗?朝バナナダイエットの口コミ

朝バナナダイエットが良いといわれても、実際にどれぐらいの効果があるのか気になりますよね。

じつは、朝バナナダイエットの口コミを、ブログで紹介してくれている方がいらっしゃいます。

なんと!朝バナナダイエットをしていた期間は1か月や半年!なので、とっても興味深い内容を紹介してくれているんですよ。

まずは1週間!慣れたら食べる量を調整しよう!

朝バナナダイエットを始めても、すぐに効果を感じられないことがあると思います。

ですがそこで諦めず、とりあえず1週間続けてみましょう!それから判断しても遅くはありません。

そして慣れてきたら、お腹の具合と相談して食べる量を調整すると、よりダイエットしやすくなりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献

アメブロリンク