ココアのダイエット効果が凄い!美容にも良いオススメの飲み方は?

cocoa2

あなたがココアを「ダイエットのために飲んでみたい」と思っているなら、あなたのダイエットがより快適に進められるかもしれません。

なぜなら、ココアには凄いダイエット効果があるから。しかも、美容や健康にも良いんです。

だから!ダイエットするならココアを飲まなきゃ損!

そんなココアの効果の詳細と、ダイエットに良い飲み方についても紹介していきますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

こんな悩みを解消できる記事です
  • つい食べ過ぎてしまう
  • 運動しても痩せない
  • 毎日無理なく続けたい
  • 医者に痩せるよう言われている
  • 食物繊維が不足がち

ココアのうれしいダイエット効果

ココア

食欲を抑えられる

ココアは、食物繊維を豊富に含んでいます。そのうちの3分の2が「不溶性食物繊維」で、食欲を抑える効果があるんです。

不溶性食物繊維は胃の中に入ると、水分を吸収して膨張するため、胃の中の滞在時間が長くなります。

その結果、お腹が膨らんで満腹感を長時間感じやすくなるので、食べ過ぎを防ぐことができるんですよ。

糖質の吸収を緩やかにする

ココアに含まれる食物繊維の残り3分の1は「水溶性食物繊維」です。

水溶性食物繊維は胃の中に入ると、水分を吸収してゲル状になり、胃の中の食べ物を移動が遅くなります。

すると、糖質の吸収が緩やかになって、インスリンの過剰分泌を防ぐため、身体に余分な脂肪がたまりにくくなるんですよ。*1

インスリンが過剰分泌されると、グリコーゲン(貯蔵エネルギー)が大量生産されて行き場を失い、体脂肪になってしまうんです。

*1:インスリンは、ブドウ糖をすぐ使えるグリコーゲンに変えるホルモンです。

有酸素運動の効果がアップ

有酸素運動をする前、準備運動をする習慣がある人には、ココアを飲むことで有酸素運動の効果をアップさせることができます。

なぜなら、ココアに含まれる「カカオポリフェノール」に準備運動の効果を持続させる力があるから。

準備運動の効果を持続できれば、エネルギッシュに有酸素運動ができるため、消費エネルギーを増やすことができるんです。

筋肉量アップをサポート

ダイエットのために、筋トレをしている人にもココアがオススメ!

ココアにはタンパク質が含まれているため、筋トレで傷ついた筋肉の修復にココアのタンパク質が使われます。

傷ついた筋肉が修復されると、より大きく発達するため、体内の筋肉量が増えて基礎代謝もアップ。*3

太りにくく、痩せやすい身体づくりができるんです。

*3:基礎代謝とは生命維持に必要な最低限のエネルギー量です。

ココアの健康・美容効果とは?

汗2

血管を健康に保つ

生活習慣病の元にもある「動脈硬化」は、活性酸素によって酸化したコレステロールが、血管の内側に付着して起こります。*4

ココアのカカオポリフェノールは、そんなコレステロールが酸化を防ぐ働きがあるため、ココアは血管を健康に保つ効果があるんです。

*4:活性酸素とは、体内の細胞を酸化させる酸素のことをいいます。

冷え・むくみを解消する

ココアには「テオブロミン」という成分を含んでいて、末梢にある血管を拡張させる働きがあります。

そのおかげで血行が良くなり、身体の隅々まで血液が届くので、身体の冷えを解消できます。

さらに身体の老廃物も、流れが良くなった血液でしっかり回収できるため、むくみを解消できるんですよ。

便秘を解消できる

ココアの不溶性食物繊維は、便の量を増やして、腸のぜん動運動を活発にさせます。

すると、大腸の中にしつこく残っている便を、外に出す力がアップするため、ココアには女性に多いしつこい便秘を解消させる効果があるんです。

お肌をキレイにする

ココアは、女性にうれしいお肌をキレイにする効果があります。

ココアの効果で体内の老廃物が回収されることで、肌荒れや肌のくすみなどがなくなるから。

さらに、ココアの「フラボノール」の働きで、紫外線による肌のダメージを軽減させることできます。

集中力・記憶力がアップ

ココアのテオブロミンは、脳の大脳皮質を刺激するため、集中力や記憶力をアップさせる効果があるといわれています。

そして、カカオポリフェノールも、脳の神経細胞の働きを活発にさせる働きがあるといわれているんですよ。

おすすめのココアは「純ココア」

カカオ

ココアには、「純ココア(ピュアココア)」や「ミルクココア」などの種類がありますが、ダイエットをするなら純ココアがオススメ。

純ココアには糖類や乳製品が一切含まれていないので、余分な糖質や脂質の摂取を抑えることができます。

しかも、純ココアはカカオポリフェノールが豊富に含まれているんです。

純ココアは1杯あたり5g使用で約15kcalと低カロリー。なので、ダイエット中でも安心して飲むことができます。

ちなみに、ココアは原料のカカオ豆を粉砕し、分離した「カカオマス」から脂肪分を取り除いたものなんですよ。

ダイエットに良いココアの飲み方

飲む5

ココアの作り方

大さじ1杯の純ココアを、200mlのお湯に溶かして飲みましょう。よくかき混ぜないと、ダマになってしまいまうので気をつけてくださいね。

飲む量は1日カップ2~3杯

ココアのダイエット効果を効率よくゲットするなら、純ココアを1日にカップ2~3杯飲むのがベストです。

いつ飲んでもOKですが、食べ過ぎを防ぎたいなら食事前、運動の効果を上げたいなら運動前に飲むと良いですよ。間食をしたくなった時に飲むのもオススメ。

寝る前に飲めば、リラックス効果で寝付きが良くなるんですよ。

砂糖を入れずに、そのまま純ココアを飲みましょう。余分な体脂肪をためなくて済みます。

甘くしたいなら「はちみつ」で

「どうしても純ココアをそのまま飲めない」という人は、砂糖ではなく「はちみつ」を入れて飲みましょう。

なぜなら、はちみつを食べると、砂糖よりも血糖値の上昇が緩やかで、成長ホルモンの分泌量が多くなるから。

すると、体脂肪が燃えやすくなったり、お肌の新陳代謝も良くなるんですよ。

アイスココアで飲んでもOK

ココアは、お湯でだけじゃなく、水で溶かして飲んでも美味しく飲めます。

冷たくして飲むと、冷えの心配があるかもしれませんが、アイスココアは飲んでも、さほど身体が冷えないということで、女性でも安心して飲めるんですよ。

ですので、夏のような暑い日は、アイスココアを飲んでみましょう!

ココアと相性の良い食品と簡単レシピ

レシピ

ココアには、相性抜群の食品があって、一緒にすることでダイエット効果をアップさせることができるんです。

その相性抜群の食品と、簡単なレシピをご紹介しますので、ぜひあわせて飲んでみてくださいね。

スパイス(少々)

ココアには、意外とスパイスとの相性が良いんです。

例えば、カルダモンを入れると食べ物の消化を助け、グローブなら身体の痛みを和らげ、ブラックペッパーなら抗菌作用が得られます。

好みのスパイスを少々入れて、ぜひダイエットや健康に役立ててみませんか?

バナナ(1本)

バナナは、含まれるビタミンB群が豊富で、脂肪の蓄積を防ぐ効果がある、ダイエットにおすすめの食べ物です。

しかも、腹持ちを良くする効果もあるんですよ。

バナナを1本をぶつ切りにして、ココアに入れて一緒に食べましょう。

梅酒(大さじ1)

梅酒には、クエン酸やコハク酸が含まれています。それぞれ疲労回復や、血行を良くする効果があり、ココアとの相性がいいんです。

しかも、梅酒の香りにはリラックス効果もあるのですよ。

豆乳(200ml)

ココアをお湯で溶かさず、豆乳で溶かすとさらなるダイエット効果が期待できます。

豆乳には、「大豆サポニン」や「大豆ペプチド」が含まれていて、脂質の吸収を緩やかにしたり、体脂肪の燃焼を促す効果があるんです。

豆乳が苦手という人でも、ココアを入れれば飲みやすくなるので、ぜひお試しください。

ココアはダイエット中の最高の飲み物!

ご紹介してきたように、ココアには素晴らしいダイエット効果があって、健康や美容にも効果がある最高の飲み物です。

「ココアは太る」というイメージがある人もいると思いますが、そんなデメリットがあるのはミルクココア。純ココアならそんなことはないんですよね。

ですので、ぜひダイエット中にココアを飲んでみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献

アメブロリンク