【はちみつダイエット】夜、寝る前に食べて脂肪燃焼!

honey2

私たちの身体にたまっている脂肪。じつは、寝ている間に燃えているのをご存知ですか?

しかも!夜寝る前にはちみつを食べると、もっと脂肪が燃えてダイエットになるんです。

こんな簡単な「はちみつダイエット」の効果と正しいやり方についてご紹介しますので、ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね。

スポンサーリンク

なぜ痩せる?はちみつダイエットの効果

痩せる3

なぜ、はちみつを食べると脂肪が燃えるのか?そして、他にどんな効果があるのか見ていきましょう。

成長ホルモンが脂肪を燃やす!

はちみつの甘さの成分である「果糖」と「ブドウ糖」は、夜に摂ると脳のエネルギーになります。

すると、脳から成長ホルモンが分泌されやすくなります。

成長ホルモンは、名前のとおり身体を成長させるホルモンで、脂肪を燃焼させたりエネルギー代謝を良くする効果を持っているんです。

はちみつダイエットは、成長ホルモンたくさん分泌させて、より脂肪を燃やして痩せやすくさせてくれるんですよ。

美肌効果

はちみつは、たくさんの「ビタミン」と「ミネラル」を含んでいます。

このビタミンとミネラルが肌の新陳代謝を促進するので、肌を美しく保つことができるんです。

食べずに、肌に直接塗っても美肌効果があるといわれています。

老化の予防

はちみつに含まれる「ポリフェノール」は、抗酸化作用がある成分です。

身体の細胞の酸化を防いでくれるので、身体の老化の予防効果が期待できるんです。

ちなみに、ビタミンやミネラルも老化の予防に役に立つので、さらなるアンチエイジング効果が期待できますよ。

疲労回復

はちみつの「果糖」と「ブドウ糖」は、身体に吸収されやすいので、すぐにエネルギーに変わります。

身体の疲れがひどい時、はちみつでエネルギーを補給すれば、疲労の回復スピードが速くなるんですよ。

お腹の調子を整える

はちみつに含まれる「オリゴ糖」は、腸内の善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やすことができます。

腸内の善玉菌が増えれば腸内環境良くなり、「便秘」や「消化不良」などのお腹の不調を良くすることができます。

はちみつの糖は太らないの?

はてな3

はちみつがダイエットや美容、健康に良くても、はちみつの「糖」が気になりませんか?ダイエット中は、やっぱり甘い食べ物は控えたいですよね。

でも大丈夫!

はちみつの糖は精製された糖ではないので、精製された糖を摂った時より、血糖値の上昇が緩やかになります。

つまり、はちみつは食べても太りにくいダイエットに適した食品で、糖質制限をされている方にもオススメなんですよ。

もちろん、食べ過ぎれば太るので注意しましょう。

はちみつダイエットの良い種類は?

はちみつダイエットを始める前に、「どんな種類のはちみつを食べるか」がとても重要になります。

はちみつダイエットをするなら、ぜひ「純粋はちみつ」を食べましょう。

なぜなら、加工処理さらた精製or果糖はちみつは、血糖値が急上昇してしまうため、脂肪がたまりやすくダイエットに適さないんです。

おすすめは「国産はちみつ」や、ニュージーランド産の「マヌカハニー」。このはちみつでダイエットを始めると良いでしょう。

スポンサーリンク

夜食べる!はちみつダイエットのやり方

はちみつ2

はちみつは、夜食べるのがベスト!

これは「夜はちみつダイエット」を発案した田井メディカルクリニック・田井祐爾院長が提唱して、はちみつは夜食べると良いことが広まりました。

その「夜はちみつダイエット」のやり方についてご紹介しましょう。

食べる量は大さじ1杯

はちみつのカロリーは、100gあたり約300kcalと非常に高いので、夜はちみつダイエットでは食べる量が重要になります。

夜はちみつダイエットで、はちみつを食べる量は大さじ1杯(15グラム)まで。これ以上は食べないようにしましょう。

寝る1時間前に食べよう

はちみつを食べるタイミングは、寝る1時間前。遅くとも30分前までに食べるようにしましょう。

例えば、寝る1時間前にはちみつを食べて、そして歯磨きをしてから寝る。これを毎日繰り返すと良いですよ。

早すぎると、はちみつで得たエネルギーを起きている間に使い果たしてしまうため、ダイエット効果が薄くなってしまうので注意してくださいね。

そのまま食べたり、白湯に溶かして飲むのもOK!熱湯に溶かすと、はちみつの大切な成分を失ってしまうので気をつけましょう。

あとは睡眠の質を良くしよう!

夜はちみつダイエットをしている期間は、とにかく睡眠の質を良くすることを意識しましょう。痩せる成長ホルモンが分泌されやすくなります。

例えば

  • 寝る直前までスマホの画面を見る
  • 夜にカフェインを摂る

といったことをすると寝付きが悪くなるため、睡眠の質が悪くなってしまうんです。

オススメは間接照明で本を読む方法。私も経験がありますが、読み始める十数分で眠たくなりますよ。

眠れない時はホットミルクで

どうしても「寝付けない!」等い時は、はちみつをホットミルクに溶かして飲むと良いですよ。

なぜなら、牛乳には寝付きを良くする成分が含まれているから。

その牛乳を温めてホットミルクにすれば、身体も温まり、さらにリラックス効果も得られて眠りやすくなるんですよ。

はちみつを無糖のヨーグルトに入れて食べても、同じような効果があるのでおすすめですよ。

痩せた!太った?夜はちみつダイエットの口コミ

口コミ

SNSやブログでは、夜はちみつダイエットをして「痩せた!」「痩せない!」「逆に太った!」といった口コミがあります。

その中でも、選りすぐり口コミをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

はちみつで甘いもの欲求を満たそう!

ダイエット中は、甘い食べ物はなるべく控えたほうが痩せやすくなります。甘いものが大好きな方は、さぞかし我慢されていることと思います。

そんな甘いもの好きの方に、はちみつダイエットはオススメです!1日、甘いものを我慢した欲求を、寝る前にはちみつで満たしてあげましょう。

そして、心を満たされたまま寝ることができれば、あなたの成長ホルモンがたくさん分泌され、身体が早く痩せやすい状態になんじゃないでしょうか。

夜、寝る前のはちみつ。いかがですか?