朝ジョギングは効果が高い?正しいやり方で健康的にダイエット!

jogging2

ジョギングは、ダイエット効果のある有酸素運動ですが、どうせジョギングするなら、その効果をアップさせたいですよね?

そこでオススメなのが「朝ジョギング」。名前のとおり、朝起きてから始めるジョギングです。

でも、なぜ朝だと効果が高いのでしょうか?

朝ジョギングを健康的に行う正しいやり方とあわせてご紹介しますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

こんな悩みを解消できる記事です
  • 運動しても痩せない…
  • 代謝が悪く、そんなに食べていないのに痩せない…
  • 運動不足を解消したい!
  • 効果ある運動はどうすればいいの?
  • キレイな身体になりたい!

朝ジョギングの効果が高い理由は?

朝

朝食前のジョギングは脂肪が燃えやすい

朝ジョギングをオススメする一番の理由は、昼間や夜にジョギングするよりも脂肪が燃えやすいメリットがあるからです。

なぜなら朝、とくに朝食前は一日の中で最も血糖値が低く、体内のエネルギーも少なくなっているから。

すると、脳が脂肪を分解するよう命令を出し、リパーゼの働きで脂肪が分解されて燃焼されやすい状態になるんです。*1

逆に食事をした後だと血糖値が上昇し、インスリンの働きで体内のエネルギーが生成されるので、脂肪が燃えにくくなるんですよ。*2

*1:リパーゼは、体内に蓄積されている体脂肪に分解を働きかける酵素です。
*2:インスリンは、ブドウ糖をすぐ使える貯蔵エネルギー(グリコーゲン)に変えるホルモンです。

一日の基礎代謝量が多くなる*3

私たちの身体の一日の基礎代謝は、ずっと一定ではありません。

朝起きた直後が最も低く、そこから時間とともに緩やかに上昇して日中帯にピークを迎え、夜になるとだんだん下がる。

これが通常の基礎代謝の推移なのですが、朝ジョギングをすると変わります。

朝ジョギングをすることで身体が一気に目覚めるため、基礎代謝のピークが早まります。

その結果、一日の基礎代謝量が多くなって、消費エネルギーも多くなる。つまり、ダイエットしやすくなるんですよ。

*3:基礎代謝とは生命維持に必要な最低限のエネルギー量です。

基礎代謝が上がれば、リバウンドの心配がなく、ダイエット後の体重維持も簡単になります!

自律神経を整えられる*4

私たち現代人には、自律神経が乱れている人が多いといわれています。

自律神経の乱れは、ダイエットや健康にとってマイナス。基礎代謝が低下したり、身体に不調が現れやすくなるんです。

でも朝ジョギングをすれば、自律神経の乱れを整えられます。

なぜなら、朝日を浴びることで、身体のオン・オフをちゃんと切り替えられるようになるからなんですよ。

*4:自律神経とは、消化・吸収・代謝・循環というダイエットにおいて最も需要な部分を無意識に調整する神経です。

気持ちよく一日をスタートできる

早朝は車や人通りも少なく、静かで空気が澄んでいますよね。

そんな早朝にジョギングをすれば、新鮮な空気を思いっきり吸いながら、気持ちよく走ることができます。

すると、マイナスイオンを浴びたようなリフレッシュ効果が得られるんです。

そして、朝ジョギング後にシャワーを浴びればさらに気分爽快!気持ちよく一日をスタートでき、家事や仕事の効率も良くなるんですよ。

夏なら熱中症対策ができる

ダイエットのためとはいえ、夏の炎天下の中でジョギングをしたら、熱中症になるリスクがあります。

でも、早朝なら日中ほど気温が高くないので、朝ジョギングは夏の屋外の運動にピッタリです。

ダイエットのための運動は、続けてこそ効果を発揮するもの。朝ジョギングで夏の暑さを回避して続けていきましょう!

準備が大切!朝ジョギングの正しいやり方

ジョギング01

朝ジョギングは、正しいやり方で行う必要があります。とくに準備が大切で、身体への負担を少なくして、健康的にジョギングできるんですよ。

朝起きたらまずは水分補給

私たちの体内の水分は、起きていようが寝ていようが、新たに水分補給しない限り失われ続けます。汗や排せつなどで水分を失ってしまうんですね。

そのため、睡眠から目覚めた直後は、体内の水分が極端に少なく、血液の流れも悪くなっています。

この状態でジョギングをすると、身体や心臓の負担が大きくなって、身体に悪いデメリットがあるんです。

ですので、朝起きたらまず水分補給をしましょう!

おすすめは「白湯」。冷たい飲み物を飲むよりも身体にやさしく、ダイエットにも良い飲み物なんですよ。

簡単な食べ物を食べよう

すでに書いたように朝食前は、血糖値が低くて脂肪が燃えやすい時間帯です。

ですが、全くの空腹状態で朝ジョギングをすると、脳がしっかりと働かず、頭がボーっとした状態で走ることになってしまいます。

そうならないためにも、朝ジョギングをする前に、何か簡単ものを食べておきましょう。

バナナ半分や、アメ玉1個程度で十分ですよ。

食べ過ぎると、脂肪が燃えにくくなったり、ジョギング中にお腹が痛くなったりするので注意しましょう。

準備運動は念入りに

朝起きた直後は、筋肉の柔軟性も通常より悪くなっています。睡眠中は、ほとんど身体を動かさないですから当然のことですね。

なので朝ジョギングをする前に、ストレッチなどの準備運動をしっかり行いましょう。

そうすることで、ジョギング中のケガの予防や、身体への負担軽減ができるため、長い時間、朝ジョギングを楽しく続けることができますよ。

初心者にオススメの「スロージョギング®」

朝ジョギングがダイエットに良くても、ジョギング初心者の方や体力に自信がない方にとってはハードルが高く感じるかもしれませんね。

そんな方にオススメなのが「スロージョギング®」。

走るスピードが歩くより遅いのに消費カロリーが高く、距離よりも時間を意識して行うジョギングです。

「ジョギングをやってみたいけど辛そう…」と思っているなら、一度こちら記事をのぞいてみても損はないですよ。

朝に運動するなら何でもOK!

「朝にジョギングするなんて私にはできない…」という方、いらっしゃると思います。

安心してください。朝は誰でも脂肪が燃えやすくなっているので、ジョギングにこだわらなくてもOK!

もちろん、朝ジョギングのダイエット効果は高いですが、朝にストレッチやウォーキングなどの運動をしても、昼や夜よりも効果が高いんですよ。

はじめは簡単な運動から始めて、ゆくゆくは朝ジョギングにチャレンジしてみてください。

そして何よりも、痩せていくあなたの身体を楽しんで下さいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献